information


人工大理石 ハイパーシンク ご使用上のお願い

■ ご使用上のお願い

ハイパーシンクの材質は耐久性のある素材ですが、使い方によっては、変色・キズ・ひび割れなどの問題が発生することがあります。美しさを保つために、以下の点に注意してお使いください。

  1. 固形または粉末の塩素系洗浄剤・漂白剤を直接ハイパーシンクに使用しないで下さい。変色などの原因となります。
  2. 酸性・アルカリ性の洗剤、液体の塩素系漂白剤に注意して下さい。(左記の洗剤を使用した後は、十分に水で洗い流して下さい。成分が残っていると、変色などの原因になります。)
  3. 金属たわし・研磨剤入り洗剤・金属磨き剤などを使用しないで下さい。
  4. 下記のものがついたらすぐに洗い流して下さい。
    • 染料・顔料・インク・髪染め・一部食品(カレー粉)など染色性の強いものをつけたまま放置すると、とれなくなる恐れがあります。
    • うがい薬(ヨード系)・シンナー・マニキュアの除光液・こげ取り剤(塩化メチレン系)などついたまま放置すると表面が変色したり、荒れる恐れがあります。

■ お手入れについて

汚れたときは・・・

  1. 汚れがついたら水で洗い流して下さい。
  2. しつこい汚れは台所用中性洗剤をつけた布かスポンジで拭きとり、水で洗い流して下さい。
  3. 最後に乾いた布で拭いて下さい。

人工大理石 ハイパーシンク

■ 機能性とデザインを追求したシンクが誕生。

ハイパーシンクで機能とデザインの両方を手に入れたキッチンカウンターを実現。
気持ち良い使い心地と機能性の高さを追求し、高機能素材「クリスタルサーフェース」でモダンなスクエアシンクを作りました。

クリスタルサーフェース(高硬度人工大理石)

耐熱性・耐薬品性に優れた特殊樹脂とシリカ系硬質フィラーを独自の製法でブレンド。
高品質の人工大理石の量産を可能にしました。
また、クリスタルサーフェースは硬さ、透明度等を自由に設計することができ、
様々な用途に安心して使用することが出来る新しい素材として注目を集めています。
ハイパーシンク用にはより傷がつきにくく優れた性能を持つ*8H硬度品でラインナップを取り揃えています。

8H硬度品・・・引っかき硬度(鉛筆法)

 

人工大理石 カウンター材質対応表

人工大理石ベーシックシリーズ (エクセリー、フォルテ) 材質対応表

※ 型名をクリックすると製品形状ページが表示されます。

◎ 標準生産品
● 受注生産品

材質名 キッチンカウンター用 ダイニング
カウンター用
EK型 YX型 SV型 SFB750 SFB970 YFB970 RC型
エクセリー アクアホワイト(EF)
ローズホワイト(EH)
モダンホワイト(EM)
フォルテ コーラルベージュ(LEB)
コーラルグレー(LEG)
コーラルホワイト(TJ)
フォルテフレイク(TF)
フォルテクレール(TK)


人工大理石カウンター FORTE(フォルテ)

最もコストパフォーマンスに優れた汎用シリーズ品として長年実績があるアクリル BMC系人工大理石カウンターです。

キッチンカウンターとして自己主張しない落ち着いた 色柄でまとめたベーシックカラーです。
※画像クリックで拡大します


人工大理石カウンター EXCELY(エクセリー)はこちら«

吉本産業株式会社 HPをリニューアルいたしました

吉本産業株式会社ホームページをリニューアルいたしました。
製品情報や展示会情報など、写真・動画・CG等視覚メディアを利用し、よりわかりやすくご案内してまいりたいと存じます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

吉本産業株式会社

「心地よさと空間美を重視した快適空間を提案します。」

1976年の設立以来、私たち吉本産業は複合材料の技術革新にひたむきに取り組み、住宅設備機器の構成部材に特化した事業活動を展開しています。特にBMC系人工大理石においては、世界で最も早く量産技術を確立し、キッチンカウンターや洗面カウンターの普及に貢献して参りました。これら素材開発力や商品企画力では、いまや他社の追随を許さないメーカーとして国内外で高く評価されています。

わが国の住空間は、これまで主に機能面を重視しながら進化してきました。しかし私たちは、何よりも住む人に「快適空間」をお届けすることを最優先し、「心地よさ」と「空間美」を重視した空間をご提案しています。

革新的な素材づくりや素材表現の多様性を追求し、また国内外に構築したパートナーとの情報ネットワーク、テクニカルネットワークを活用することにより、今後もさらなる住空間の改善に挑戦すると同時に、商業空間や自然エネルギー機器など未知の分野にも積極的にアプローチして参ります。